ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

Audio Review

- 最新号 -

NEW PRODUCT REVIEW

REAVON (リーヴォン)
UBR-X200
4K UHD UNIVERSAL DISC PLAYER

¥330,000(税込)

写真

写真
実機をお預かりして 
筆者試聴室で 
各種ディスクを視聴した。 
 SACDまで再生可能なユニバーサルプレーヤーの空位が嘆かれて久しいが、それを埋める待望の製品がフランスから登場した。4KブルーレイディスクからSACDマルチチャンネルまで対応。ネットワークプレーヤーとしても使えるが、あくまでディスクでよい画を見てよい音を聴く文化を残すために作られた製品である。フランスが映画を発明した国であることを思い出してほしい。
 下位機種UBR-X100(¥165,000 税込)が同時に発売されたが、映像回路は2機種共通。UBR-X100はスウィッチング電源でHDMI出力のみのデジタルトランスポート。一方UBR-X200はリニア電源を積み、SACDまで対応の完全なユニバーサルプレーヤーで、基板部品のグレードが上がり、アナログオーディオマルチチャンネル出力が可能。フロントLRはXLR端子を装備というこだわりようだ。
 ブルーレイディスクの画質は素直で映画のルックに一体化を遂げる。電気的な雑味、誇張がなく、とりわけフィルム撮影の映画はビデオグラムの電気信号をみていることを忘れさせる、電気的なプロセスの澱が洗い流されたみずみずしい映像である。映像音響も音楽ディスクも音質は素直。派手さはないがFレンジのバランスが整っていて現行のユニバーサルプレーヤー中最も自然だ。(大橋伸太郎)

問い合わせ先
株式会社タクトシュトック
https://www.taktstock.co.jp/products/reavon/ubr-x200/