ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

お知らせ

菅野沖彦氏 訃報

 当会の設立にご尽力され、名誉会員でもあられたオーディオ評論家の菅野沖彦さんが、2018年10月13日、老衰にて享年八十六歳にて永眠されました。既に同年10月18日、東京都新宿区の日本キリスト教団・信濃町教会にて、告別式が滞りなく行なわれましたことをご報告いたします。
 1932年東京にお生れになった菅野さんは、朝日ソノラマ編集長、フリーの音楽制作家を経て、1950年代半ばよりオーディオに関する評論文を、雑誌、新聞等に寄稿され、半世紀以上にも渡って第一線でご活躍されました。その一方では1971年にオーディオラボ・レコードを設立し、優れた音質のクラシックとジャズ録音作品を多数輩出され、ハード/ソフト両面に渡ってオーディオ界の発展に尽力されたことは広く知られるところです。
 ここに故人のご冥福をお祈りいたします。

(オーディオ 小原由夫)