ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

エッセイ

最新号

平原綾香ツアーファイナルに見る
『CHRISTMAS LIST』に込めた平和への思い

久道りょう

昨年の12月24日の夜、大阪フェスティバルで行われた「Walking with A-ya」を拝見した。私が彼女のコンサートを拝見するのは、これで3回目である。
今回のツアーは、デビュー20周年ということでアニバーサルツアーとのこと。
以前、フェスティバルホールでのライブを拝見したときに、彼女が、「フェスティバルホールで歌うならぜひアカペラで歌ったらいい、と勧められて、ここでは特別に他のホールよりも1曲多くアカペラで歌います」と話していたのが印象的で、今回も拝見するなら、絶対にフェスティバルにしようと思っていた。

私は彼女の歌を音楽評論を書くようになってから本格的に聴き始めた。
以前、彼女のことを記事に書いたことがあるが、彼女が最初に『Jupiter』でデビューしてきたとき、私の印象は正直、あまり良かったとは言えない。
多くの人が絶賛した彼女の歌声が、長年、声楽を勉強し、自分でも歌ってきた私には、どうにも賛美出来なかったからだ。
その理由は、少し専門的な話になるが、彼女の歌声の響きのポジションが声域によってバラバラになること。さらに低音域は息が漏れて響きが薄く、高音域は芯のない細い響きだったからだ。だから、多くの人やマスメディアが彼女の『Jupiter』を絶賛しても、私にはそうは思えなかった。
それは、今から思えば、彼女がクラシック的な発声とポップス的な発声の間を行ったり来たりするような発声だったからかもしれない。
そんなこともあって、その後も彼女の歌というものを聴くことはなかった。
その印象が覆ったのが、NHK「生き物地球紀行」の『スマイルスマイル』の歌声を聴いたときだ。非常に伸びやかで力強く、響きが安定している歌声に私は彼女がどれほど努力し続けてきたのか、ということを一瞬で感じたのだった。まさに「進化した歌声」だった。
その後、私が彼女の歌声の虜になったのは言うまでもない。彼女のクラシックのカバー曲は、彼女が歌手としてまだ進化することを感じさせるものでもあったと言える。

今回、20周年アニバーサリーコンサートということで、いつものライブとはずいぶん違った趣向だった。5歳の彼女から、その年代年代の過去の彼女へのメッセージ。その時々に節目となった出会いの音楽。それらをMCと共に彼女が歌い綴るというもの。
この構成は松任谷正隆氏のプロデュースによるもので、ノンストップの3時間近いライブの最後に正隆氏本人が出てきたのも、満員の客席を大いに沸かせたシーンだった。

この日、私の心に最も印象深く残ったのは、彼女が歌う『CHRISTMAS LIST』

この曲は、戦争が起きないように、戦争によって引き裂かれないように、子供の頃に願ったクリスマスの願いを、大人になった今、クリスマスリストにして、どうしても叶えて欲しい、と願う曲だ。

ウクライナで突然始まった紛争は、治るどころか、さらにガザ地区の紛争も始まり、世界は今、非常に不安定な要素に満ち溢れている。
これらの紛争を見ながら、自分が如何に日本という平和な国で平和な時間を過ごしてきたのか、ということを思い知らされる。
この平和が、自分達の後ろの世代に続くとは限らないのだ。
そんな情勢の中で、2006年に発売された、この曲を、彼女がクリスマスイブの最後の最後に歌った思い。
彼女の平和への願いが、この曲1曲に凝縮されているのを感じた。

彼女は、この曲をアンコールも終わった最後の最後。
帰り支度をし始めた観客もいる中、ステージの端まで出てきてアカペラで歌い始めた。

丁寧にゆっくりと会場にいる人達に、世界中の人々に届けるように、ひと言、ひと言を噛み締めるように歌う。
澄み切った歌声は、歌姫平原綾香の渾身の想いがこもった歌声だった。
その歌声は、彼女が、「歌」「音楽」というものを通して、平和へのメッセージを発し続ける歌姫なのだということを感じさせた。
今でもそのシーンを思い出すと涙が溢れる。

鳴り止まない拍手の中、
最後に「もう1曲だけ、歌って帰りまーす!」と言って、ピアノ伴奏者を引っ張り出し、歌った『からっぽのハート』
父親(サックス奏者平原まこと)が亡くなった時の気持ちを込め歌い終えた彼女は、いつもの可愛い笑顔の“A-ya”だった。

◆物故者(音楽関連)敬称略

まとめ:上柴とおる

【2023年12月26日~2024年1月25日までの判明分】

・12/24:ジョン・カトラー(グレイトフル・デッドのプロデューサー、エンジニア)73歳・12/24:デヴィッド・リーランド(英映画監督。トラヴェリング・ウィルベリーズのMV制作。ジョージ・ハリスン追悼コンサート「コンサート・フォー・ジョージ」の映画などを監督)82歳・12/26:トニー・オクスレイ(英ドラマー。フリー・ジャズ)85歳・12/26:トム・スマザーズ(米コメディアン。「スマザーズ・ブラザーズ・ショー」には人気アーティストも多数出演)86歳・12/28:トミー・タルトン(元カウボーイ:サザン・ロック&カントリー・ロック系)74歳・12/29:レス・マッキャン(ジャズ系ヴォーカリスト&ピアニスト)88歳・12/30:八代亜紀(歌手。画家)73歳・12/31:中村メイコ(喜劇俳優。歌手)89歳・1/01:冠二郎(演歌歌手)79歳・1/04:篠山紀信(写真家)83歳・1/04:デビッド・ソウル(俳優。「刑事スタスキー&ハッチ」「ダーティハリー2」等。シンガー・ソング・ライターとしてアルバム5枚)80歳・1/06:ヤソス(ニューエイジ・ミュージックの始祖)77歳・1/07:トニー・クラーキン(マグナムのギタリスト)77歳・1/08:フィル・ニブロック(N.Y.ミニマル・ミュージックの巨匠)90歳・1/09:ジェイムズ・コタック(ロック・ドラマー。モントローズ、キングダム・カム、スコーピオンズ等)61歳・1/11:小金沢昇司(演歌歌手)65歳・1/19:マリーナ・ショウ(ジャズ&ソウル・シンガー)84歳・1/20:小山乃里子(フリー・アナウンサー&ディスク・ジョッキー。ラジオ関西「ビバ!タカラジェンヌ」など。元ラジオ関西アナウンサー。元神戸市議会議員)82歳・1/20:デヴィッド・ゲイル(米俳優。「ジェネラル・ホスピタル」「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」「サバンナ」「サム・ガール」「私が幸せになる恋のルール」など)58歳・1/20:ノーマン・ジュイソン(映画監督。「夜の大捜査線」「シンシナティ・キッド」「屋根の上のバイオリン弾き」「月の輝く夜に」など)97歳・1/20:伊丸岡亮太(元GOOD ON THE REEL)37歳・1/21:シンシア・シンディー・ギャリソン(スリー・ディグリーズ:1989年~2011年)69歳・1/23:フランク・ファリアン(ドイツのプロデューサー。ボニーM、ミリ・ヴァニリなどを担当)82歳・1/23:メラニー(米フォーク・ロック系シンガー)76歳

■2024年1月7日付ブログ『‘やすらぎの世界’へ旅立ったデビッド・ソウル。』
https://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1704561769

■2024年1月25日付ブログ『ボニーMで大成功、そしてミリ・バニリで(以下略):フランク・ファリアン(82歳)』
https://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1706172273

■2024年1月27日付ブログ『心の扉を開けてくれたメラニー』
https://merurido.jp/magazine.php?magid=00012&msgid=00012-1706356706