ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

エッセイ

最新号

『布施明 奇跡の歌声』

久道りょう(松島耒仁子改)

 布施明のコンサート『祭りのあとの歌ものがたり』に行ってきた。彼の生歌をぜひ聴きたいと思っていた。
 彼は昔から好きな歌手の1人だ。
 高音の伸び、甘い歌声、響きの色艶。どれをとっても私の好きなポイントに入ってくる。
 彼の歌でも『君は薔薇より美しい』が大好きだった。この曲の生歌を一度は聴いてみたい、と思っていた。

 昨年、NHKの何の番組だったか(確か『SONGS』だったような気がする)を観た時に、彼の歌声を久しぶりに聴いた。数年前、彼の歌声を聴いた時、明らかに落ちている、と感じていたから、その後、彼の歌声はどうなっただろうという思いもあった。
 しかし、彼は見事に復活していた。『君は薔薇…』や『My Way』を聴いたが、伸びやかな高音が戻り甘い中音域が戻っていた。
 そして彼は、こんなことを話していた。
 「歌手は人前で歌わないとダメなんです。人前で歌うことでお客さんからエネルギーを貰い、パフォーマンスを保つことが出来る。コロナで歌えなくなって、やっぱり力が落ちたと思う。お客さんの前で歌わないとダメなんです」と。
 私は彼の生歌が聴きたくなり急いでコンサート日程を調べたが、既に広島しかなく残念な思いで諦めた。その時から、絶対に来年は聴きにいこう、と思った。もう70歳を超えている彼の美声はいつその輝きを失うかもしれない、だから今のうちに聴いておきたい、と思ったのだ。

 今年、念願の彼のコンサートのチケットを早くから手に入れ、この日が来るのを楽しみにしていた。
 場所は大阪フェスティバルホール。玉置浩二や平原綾香など、歌唱力のある歌手達が好んで使うホールだ。
 そこで彼の生歌を初めて聴いた。
 事前の情報を何も入れずに行ったので、とにかく『君薔薇…』さえ聴けたら、それでいい、という思いだった。

 私の希望はコンサートの冒頭にあっけなく叶った。
 彼が『君薔薇…』から歌い始めたからだ。彼の美声は完全に戻り、サビの部分の有名なラスト「…君は 変わった〜〜〜〜〜〜〜」の最後のロングトーンは、普段、TVで聴くよりも何倍も長かった 笑

 彼の歌声は絶好調。
 「千昌夫と同期で汚いアパートに住んでいる頃からの知り合いなんですよね」と話しながら、2人とも同じ歳の74歳だと話した。
 70を超えたあたりまでは知っていたが、74歳になっているとは思いもしなかった。彼のサラッと「今年、僕、74歳」と話す陰で、どれだけの自己節制と自己管理、そして、肉体を保つだけの努力をし続けているのだろう、と想像した。

 声帯が筋肉である限り、肉体の衰えと同じように必ず衰える。
 年齢に関係なく、一日、声を出すことがなければ、話始めの時に声が引っかかったり、しゃがれたりするのは、それほど高齢でなくても誰もが経験する出来事だ。
 数年前にポリープがツアー中に出来て、手術も覚悟したが、発声を変えたら自然治癒した、という彼の話は、如何に歌手にとってセルフコントロールの力が重大かを物語っている。
 好き放題やっているように見えるアーティスト達の実生活は、実は非常にストイックに自己管理をしている人が多い。そうやっても長年美声が保ち続けられる人は、ほんの一握りしかいないのが現状だ。それぐらい声帯という器官は繊細で厄介な器官でもある。
 彼の歌声が明らかに戻っているのは、彼が鍛え直したからに違いない。きちんと管理しながら鍛え直せば歌声は戻ってくる、何歳になっても。
 それも声帯という器官の不思議さだ。
 アンコールまで入れれば、23曲。マイク無しで歌うものもあり、彼の歌声は健在だった。

 私が彼の歌で知っているのはほんの数曲しかない。それでも『カルチェラタンの雪』や『霧の摩周湖』は聴いたことがあるし、『愛は不死鳥』『シクラメンのかほり』はあまりにも有名だ。
 歌を知らなくても歌唱力のある歌手なら観客を飽きさせない。歌声の魅力に嵌ったものの心をガッチリと掴んで離さないからだ。
 私は音楽評論家になって日も浅い。だからよほど好きなアーティスト以外のコンサートでは、ほぼ知らない曲のオンパレードになる。それでも飽きさせないだけの魅力のある歌手はたくさんいる。そうやって知らない曲を聴くことでその人のファンになっていく。
 この日の彼の曲もそういうものが多かった。
 『まほろばの国』は大曲であり、ある意味、彼の集大成とも言える楽曲だったように思う。
 アンコールは『My Way』で、最後の『Time Say Goodbye』の美声に心が震えた。
 静かに1つ1つの言葉に心を込めて大切に歌い上げる彼のこの曲は、バラードの帝王だった。堪らないほど、美しい歌声が会場に鳴り響いた。

 いつまでも、いつまでもこの美声が衰えないことを願っている。

セックス・ピストルズ「45周年」の年に♪

上柴とおる

 写真1977年5月27日に‘パンク・ロックの王様’セックス・ピストルズを象徴する歴史的な出世作「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」が本国イギリスで発売されて今年(2022年)は45周年♪ 折しも彼らをテーマにした伝記ドラマ(ドキュメンタリーではない)「Pistol」(シリーズ全6話)が制作され5月31日のスタートでイギリスはDisney+ 、アメリカではHuluが配信する。
 写真そして彼らが同曲で題材として取り上げるだけではなくジャケットに‘不敬’なデザインを施すなどで‘茶化した’(日本盤ではデザインが変えられた)エリザベス2世も在位70周年を迎えるということで初の長編ドキュメンタリー映画「エリザベス 女王陛下の微笑み」が製作され、日本でも6月17日から公開されることになった。偶然なのだろうが、なにか因縁めいたものさえ感じるのは筆者だけではないかも。ちなみにこの映画にはビートルズ(1965年に大英帝国勲章を‘授与’された)やエルトン・ジョン、マリリン・モンローなども登場する。
 そう言えば6年前(2016年6月)に公開された「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」は現女王が19歳の王女時代、非公式に一夜の外出を許された実話を基に製作されたイギリス映画だった(蛇足ながら1969年の「女王陛下の007」は邦題だけで女王は登場しない)。映画や音楽の世界とは大らかな(?)関係にあるように思えるエリザベス女王だが、今回のドキュメンタリー映画にピストルズの姿はないようだ(予告編のみ視聴)。
 写真そんなピストルズ45周年の節目に新たなベスト盤「オリジナル・レコーディングス」(ユニバーサル ミュージック:UICY16070)が登場(しかも5月27日に♪)。オリジナル・アルバムは1枚しか残していないのだが、彼らを追ったドキュメンタリー映画「ザ・グレイト・ロックン・ロール・スウィンドル」のサントラ盤やライヴ盤、編集盤などがたくさん出ており、数々のヒット曲のみならず、そんなところからもピック・アップされての全20曲(シングルのB面曲もあり)。彼らが短期間ながら熱く活動していた時期(1976年~1978年)の音源をコンパクトにまとめたものである(高音質のSHM-CD仕様)。
 加えてオリジナル・ベーシストだったグレン・マトロックがユニバーサル・ミュージックとソロ契約を結んだことで年内に新作を出す予定があるなど2022年はまさに「ゴッド・セイヴ・ザ・ピストルズ」になりそう!?

◆物故者(音楽関連)敬称略

まとめ:上柴とおる

【2022年3月25日~4月23日までの判明分】

・3/23:大伴良則(音楽評論家)73歳・3/25:テイラー・ホーキンス(フー・ファイターズのドラマー)50歳・3/30:トム・パーカー(英バンド、ザ・ウォンテッドのメンバー)33歳・4/02:三山敏(作曲家:「釜ヶ崎人情」「花街の母」等)87歳・4/04:ジョー・メッシーナ(モータウンの専属セッション・バンド、ファンク・ブラザーズのギタリスト)93歳・4/05:ボビー・ライデル(米ポピュラー・シンガー)79歳・4/07:中川イサト(ギタリスト:元「五つの赤い風船」)75歳・4/09:諸石幸生(音楽評論家)73歳・4/09:クリス・ベイリー(オーストラリアのパンク・バンド、ザ・セインツのヴォーカル)65歳・4/15:アート・ルーペ(米スペシャルティ・レコードの創業者)104歳・4/15:KOJI(La'cryma Christi<ラクリマクリスティー>のギター)49歳・4/17:カトリーヌ・スパーク(イタリアの俳優、シンガー)77歳・4/17:ラドゥ・ルプー(ルーマニアのピアニスト)76歳・4/18:ハリソン・バートウィッスル(英現代音楽作曲家)87歳・4/18:ニコラ・アンゲリッシュ(米ピアニスト:パリを拠点に活動)51歳