ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
ミュージック・ペンクラブ・ジャパン

エッセイ

最新号

三浦大知『いつしか』に見る歌唱力の進化

久道りょう

劇場アニメ『ぼくらのよあけ』のテーマソングだ。
この楽曲も『燦々』にも言えることだが、三浦大知の歌唱力は明らかに進化したと感じる。
どの部分にそれを感じるかといえば、
ヘッドボイスの安定性が抜群になったことが挙げられる。

元々、彼の歌は、ミックスボイスが主流のものが多く、メロディーの音域的にもミックスボイスの範疇を超えない形で作られているものが多い。
これは彼がダンスを踊りながら歌う楽曲が多いため、声の安定性や発声ポジションの安定性を考えたときに、そのような形になるように感じる。その為、彼の歌声の主体はミックスボイスにあり、高音部はシャウト気味の声になるのが常だ。

ダンスチューンの場合は、この歌声が非常に有効になる。なぜなら、アップテンポの楽曲の場合、ソフトな響きの歌声だと言葉が滑って飛んでしまうからだ。
言葉をしっかり届けようと思えば、どうしても尖った響きの歌声が必要になる。その為、三浦大知の歌声と言えば、少し尖った甘めの歌声という印象だった。

しかし、最近の彼の歌声に、そのイメージはない。今回の楽曲も、その前の『燦々』でも、尖った歌声というよりは、全体的にブレスを混ぜたソフトな響きのブリージングボイス、という印象を持つ。
さらに1番進化したと感じるのが、ヘッドボイスの安定性だ。
今回の楽曲にも言えることだが、最近では、高音部にヘッドボイスの音域を多用するメロディー作りになっている。そういうフレーズの部分でも、彼の歌声は非常に安定しており、声量も落ちることなく、綺麗な響きを持っていることが多い。
ヘッドボイスは多用すれば多用するほど、その筋肉が鍛えられ、安定する傾向を持つ。

彼も清塚氏の番組で話していたが、「歌の筋肉は歌うことでしか鍛えられない」
だからどんなに筋トレをしても、歌には何の効果もないというのが、本当のところだ。
最近の彼の歌を聴いていると、非常に音域が広くなり、ヘッドボイスを多用している。これは、それだけ彼自身が自分のヘッドボイスに自信を持ち、安定性に信頼を置いているからに他ならない。

『いつしか』も綺麗なヘッドボイスが全体のメロディーの印象を作り上げている。そして、彼の歌唱力が非常に優れていると思えるのは、一つ一つの言葉を丁寧に歌っているところだ。楽曲に対しての距離感と落ち着きが、丁寧な言葉の紡ぎに繋がっているのを感じる。
今後、バラード曲とダンスチューンという2つの両輪を持ちながら、三浦大知の音楽の世界がどのように進化していくのか、非常に興味深い。

氷川きよし『歩き続ける歌の道』に見る
アーティストとしての覚悟

久道りょう

10月3日に神戸国際会館で開催された氷川きよしのコンサートを拝見した。

一言で言うなら、「kinaはkina、他の誰でもない」

氷川きよしはこの3年で激変した。

私はたまたま彼の生ライブを拝見したのが2019年9月6日に行った大阪フェスティバルホールでのバースデーコンサートの夜の部で、「今日から演歌歌手のカテゴリーを外します」と宣言したのを今でも覚えている。

このライブはバースデーコンサートということもあり、42曲を網羅するライブで、前半は演歌、後半はポップスとロックというふうに、それまでの氷川きよしの歌手としての軌跡を辿るコンサートでもあった。


その時、彼はさまざまなことを語った。
今でも記憶に残っているのは、「なぜ、ありのままの自分でいたらダメなの?」という言葉だった。
演歌歌手としてデビュー後、常に「男らしく」と言われ続けたこと。
ピアスをつけたら、「男らしくない」と言われ、髪を染めたら、それも「男らしくない」と言われたこと。
「ありのままの自分でいたら、どうしていけないの」
何度も彼はそう言った。
小学生時代、中学生時代の辛い話。
自分のことを話すのに、「あたし」という言葉を使うのも、私は初めて知った。

もし、私が普通に単に評論家として彼の歌に興味を持ち、コンサートに行っていたなら、いろいろな意味で衝撃的なライブだったかもしれない。
だが、私は氷川きよしという人間そのものに興味があった。なぜなら、歌は、その歌手の人間像そのものを現すツールだからだ。

2ヶ月後、彼はInstagramのページを開設した。

あれから3年。
彼はそのページを日々、更新して、自分の変化、自分の気持ちを発信し続けてきた。
彼の言葉の端々には、彼が抱える苦悩と同時に、歌に対する溢れんばかりの思いが綴られている。
彼という人間が抱える思いの僅かに一片でも知ることができる場所でもある。
そして、彼は今年初めに、今年いっぱいで無期限の活動休止に入ると宣言したのだ。


私は個人的には彼を好きな方だと思う。
演歌歌手だったが、彼のいわゆる演歌らしくないポップス演歌は好きだった。
何より歌声がパーンと抜けていくのが好きだった。
しかし、ファンではないから、彼の動向は知らず、NHKの歌コンでたまたま『限界突破…』を拝見して驚愕したのを覚えている。しかし、その驚きは不快なものではなく、むしろ彼がビジュアルロックを歌ったことに好感を持ったぐらいだった。だから、やはり、私は彼の演歌よりもポップスやロックの方が好きなのかもしれない。

今回のライブも前半は演歌の代表曲を歌い、後半はポップスやロックだったが、衣装は完全に後半はドレス姿の完全に女装だった。


この数年の彼の変化についていけず、ファンの中にも賛否両論があり、ファンを離脱する人も少なくない。
SNSの世界にはあからさまな誹謗中傷や、酷い記事も散見する。

しかし、私は、ここまで自分を出し切ることができるようになったことは、氷川きよしという歌手にとっては良かったと思う。

なぜなら、アーティストにとって一番辛いのは「自由がないこと」だからだ。

「自由に自分を表現する」

これがアーティストであって、自分を自由に表現することが出来ない環境に置かれることほど辛いことはない。

自分がやりたいこと、
自分が歌いたいと思うこと。
自分の目指す方向。
常に「音楽」というものと、「自分」というものに真剣に向き合えば向き合うほど、それらは変化していく。

「音楽」は自分を表現する手段であって、「音楽」が主体ではない。
あくまでもそれを表現する歌手に「主体」があるのだ。

そういう意味からも、彼が今の自分をありのままに出せるようになったことが、彼の音楽の幅を広げていることにつながっている。

ファンは、自分が好きになったイメージをいつまでも変えて欲しくないと思うかもしれない。
「演歌の氷川きよしが好き」という人は多いだろう。

しかし、彼がアーティストとして進化していくには、今の道のりは必要な道のりであり、真のアーティストになっていく過程の一つである。


この日、一番印象に残ったのは、アンコール後の『You are you』
この曲はポップス調で非常にノリの良い曲だ。
さらに歌詞の中身に対して全体に明るい色調の音楽で、シビアな内容の歌詞にも関わらず、軽く明るい印象を与える。
彼自身の作詞で、非常に強いメッセージ性を持ったものとなっている。

歌声はポリープ切除後、全体に少し痩せたという印象を持ったが、ほぼ元の状態に戻りつつあった。
今年の過密スケジュールの中、ここまで声が戻ってきているのは、やはり持って生まれた声帯そのものが強いということは否めない。この強さが、彼が23年間、大きな故障もなく突っ走ってこられた理由だと感じた。



活動休止後の復帰は、おそらく名前を変えてくる可能性は否めない。また完全にビジュアル系のアーティストになって戻ってくるのではないかと感じる。

連続22回の出場を誇る紅白歌合戦。
NHKが最後に彼に用意したステージは、紅組でも白組でもない「特別枠」
NHKの配慮に拍手を送りたいと思った。

kiinaはkiinaであり続ければ良い。

それが一番人間らしい生き方であり、アーティストとして自然の形だ。

最後まで、彼が走り続ける姿を見たい。

そう思っている。

◆物故者(音楽関連)敬称略

まとめ:上柴とおる

【2022年10月26日~11月25日までの判明分】

・10/28:D.H.ペリグロ(デッド・ケネディーズの2代目ドラマー)63歳・10/28:矢吹申彦(イラストレーター、グラフィック・デザイナー:「ニューミュージック・マガジン」誌の表紙絵等)78歳・10/28:ジェリー・リー・ルイス(米ロックン・ロール・シンガー)87歳・11/01:普久原恒勇(戦後の沖縄を代表する音楽プロデューサー)89歳・11/01:杉本信夫(在沖縄の作曲家:「沖縄の民謡」「鹿児島・沖縄のわらべ歌」等を刊行)88歳・11/04:松本一起(作詞家:鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」中森明菜「ジプシー・クイーン」等)・11/04:パウロ・ジョビン(ブラジルのシンガー、ギタリスト、アレンジャー。アントニオ・カルロス・ジョビンの長男)72歳・11/05:アーロン・カーター(米シンガー:兄ニックはバック・ストリート・ボーイズ)34歳・11/05:YOSHI(歌手、俳優)19歳・11/05:ミミ・パーカー(米インディー・ロック・バンド、Lowのドラムス&ヴォーカル)55歳・11/08:ダン・マッカファーティー(ナザレスのリード・ヴォーカル)76歳・11/08:ギャリー・ロバーツ(ブームタウン・ラッツの創設メンバー。ギタリスト)72歳・11/09:ガル・コスタ(ブラジルの国民的歌手)77歳・11/11:キース・レヴィン(元パブリック・イメージ・リミテッド、初期クラッシュのギタリスト)65歳・11/18:ミヒャエル・ハンペ(ドイツの世界的なオペラ演出家)87歳・11/21:ウィルコ・ジョンソン(ドクター・フィールグッドのギタリスト)75歳・11/23:三井嬉子(山形交響楽協会長)83歳・11/25:アイリーン・キャラ(米歌手、俳優:「フェーム」「フラッシュダンス」等)63歳